• 和全

アーティストは非人であれ〜村上隆氏

最終更新: 3月24日

こんにちは。

イラスト書道家の和全です。


ずいぶん前の映像ですが、

世界的アーティスト

村上隆さんのインタビューを見ました。

https://www.youtube.com/watch?v=nF4fnUsRAjk


村上さんが率いるアートカンパニー「カイカイキキ」。

その会社に入った社員に、

村上さんが一番最初に言う言葉があるという


「我々は、非人である」


アートとは

人にして非らずの仕事量と

決意をもつことが必要


3.11以降、

スパーフラットの世の中ではなくなった。


その中でアーティストであることは

今までの常識で測ってはいけないということ。

人として非らずというポジションでやるべき。


というものでした。

あまりにも強い言葉に、

のっけから襟を正される思いでした。


他に、心に刺さった言葉としては


「アートを作るのは、強い人間

消費するのは、弱い人間」


という言葉がありました。

アートは、強い意志がないと

作り続けることができない。


しかし、それに救われるのは弱い人だ。


そこで思ったのです。

私は、アートを消費する

弱い人間のまま

アートを作っているのではないかと


強く、あらねばならない。

と、感じました。


そして、なんども繰り返しておっしゃっていたのは

一般常識や礼儀を身につけていないとダメだということ


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

アーティストは、破天荒だと思われがちだ。

でも、一般常識、ルール

当たり前のことはできないと生き残っていけない


日本人アーティストが生き残れないのは

アートの世界の挨拶の「てにをは」ができていないから

向こうとこちらのメリットを鑑みないなど


そのルールができていないから。

人格ができていない人が

成功するわけがない。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


なんとも胸にグッとくる言葉です。

アートもビジネス

気持ちいい人と一緒にやりたいのはその仕事だって同じですよね。


当たり前のことが大事なんだなぁと

しみじみ感じました。


なんども見直さないといけない動画だと思いました。







Copyright (C) Wazen All Rights Reserved.

  • w-facebook
insta.png