• 和全

【師匠の名言】成果が出る人と出ない人の差

こんにちは!

イラスト書道家の和全です。


先日、講座などをされている方のお話を聞いていた時、


「たまに、お客さんで


講座を受講したのに、

結果が出なかったから

お金を返してくれという人がる」


ということを聞きました。


あらまー、、、

なんという理不尽な。。。苦笑


その方の講座はそれなりに高額。

高いお金を出して、

望み通りの結果が出ると思ったのに出なかった

ということなんですね。


しかし、それはお門違いというものです。


以前、本のソムリエ団長師匠が、

成果が出る人と出ない人の差についてお話ししてくださいました。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

成果が出る人と出ない人の差は 自分の立ち位置があやふやな感じがします。


例えば学ぶ場合


結果出てる人は明確。

教えてくれる人を師と仰ぎしっかり学び、付いてくる。

そうじゃない人は、単なる受講生の一人。 話を聞いてるだけだから、その時は中は気分が高揚しても あとが続かない

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


とのこと。


そうじゃない人は、きっと

講師に自分を素敵に変えてくれると思っているわけですね。


講師さんが魔法をかけてくれて

話を聞いただけで、全ての悩みを解決し

別人に変身!


そんなことをどこかで期待しているのだと思います。


話を聞いただけで、人生変わる。。。


そんなすごいことは、あるかもしれません

が、それは稀なことだと思います。


その問題について、考えに考えぬいていれば

きっかけがあれば、変わることもあるかもしれません。

つまり、それは答えの一歩手前にいる状態

解決の準備ができている状態なんですね。


しかし、そうでもない限り

聞いているだけでは変わりません。


だって、人生のピンチの局面に、

講師の方はいないんですもの!


そこで、助けてくれるのは自分だけです。


聞いたことを実践し、経験し、失敗もし、

ちょっとずつ上がっていくものなのだと思います。


そしていつの間にか良くなっていた、、、

という感じなんじゃないでしょうか。


ついていくというのはそういうこと

一回では変わりません。

また、自分の足で歩かねばついていけません。


そうするためには、

自分がどういう立場でその人の意見を聞くか


問われるのはいつでも自分。


結果が出ないときに省みなければならないのは、

その時の自分なのだと思います。


自戒もこめて^^;




Copyright (C) Wazen All Rights Reserved.

  • w-facebook
insta.png